シミウス

大人気ホワイトニングケア!ビーグレンとの違い

シミ対策をしたいと言う方、普段どんなケアをしていますか?多くの方が美白化粧品を使っているようですが、人気を二分するのがシミウスとビーグレンです。

 

どちらもシミに対して高い効果があると言うことですが、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴をチェックして、比較検討してみませんか。

 

 

→美白ケアに最適なシミウスはこちら


ビーグレンの美白効果

美白化粧品として人気のビーグレンの美白有効成分はハイドロキノンです。ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれ、今あるシミに大きな効果をもたらすとされています。

 

日本でもつい最近使用が認められた成分ですが、濃度を間違えると白斑や肌荒れなど、トラブルが起こることが懸念されています。そのためハイドロキノンの取り扱いは慎重にならなければなりません。

シミウスは安全性が高い

一方シミウスの美白有効成分はプラセンタです。プラセンタは最近話題の美容成分で、細胞を活性化し、コラーゲンやヒアルロン酸など肌を若々しくする成分を作りやすくすると言われています。結果的に肌のハリをアップし、潤いをもたらすと考えていいでしょう。

 

プラセンタは胎盤由来成分ですが、胎盤は生まれる前に栄養や酸素を受け取るのに大活躍してくれた器官です。私たち人間にもなじみ深く、体に対しての安全性は非常に高いと言えるでしょう。

 

他にも肌を整えたり保湿したりする天然由来成分が数多く使用されています。ですから敏感肌の方などにも使用できると言われているのです。

価格で比較しても・・・

価格で見てみると、ビーグレンは5点セットで20000円近くします。その代わり7日分のトライアルセットが用意されており、こちらだと71%オフの1800円です。2回目以降は正規品を購入することになります。

 

「1回の買い物に20000円・・・しかも毎月はちょっと」と言う方にはデメリットになるかもしれません。

 

一方シミウスは定期便なら1か月あたり3795円です。しかも止めるまでずっと同じ価格で、20%も安くなるんです!もちろん送料は無料ですから、安心して購入できるのではないでしょうか。

時短ケアをするなら

両者を比べた時、価格の差はもちろんですが、時短と言うところでも違いを感じられるでしょう。ビーグレンは5種類を順番に使わなければなりませんが、シミウスは1つで10のケアをすることができます。

 

オールインワンホワイトニングリフトアップジェル、その名にふさわしいとしか言いようがありませんが、ビーグレンにはない化粧下地の働きもシミウスは担ってくれるんです。これは本当にすごいですよね!

 

化粧水に乳液、美容液、クリームはもちろん、アイクリームとしても使うことができます。特別ケアと思いがちなパックやマッサージジェルとしても使えるんですよ。

 

美白に保湿と言った2つのスペシャルな機能もあり、洗顔後のスキンケアとして文句のつけようがありません。しかも朝使えば化粧下地にもなるので、メイクの時短にも役立ちますね。

 

普段はクリームが馴染むのを待たなければなりませんが、これならジェルが馴染めばすぐにメイク可能です。ビーグレンとシミウスを比較して、あなたのホワイトニングケアを進めませんか。

 

 

→1つ10役で大活躍のシミウスはこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_